検索
  • CampFantasea管理者

ウッドフェンスまでの道のり・その2(強力助っ人登場!)


元のフェンスの柱は単管を地面に打ち込んだものだったので、全部抜いて新たに作り直すことも考えましたが、もしよくなかったらウッドデッキ作るときにやり直ししようと決めて、そのまま利用することに。・・これが第二の難関だった。

まずは一直線に並んでいない!微妙にずれてる。単管の高さがバラバラ!

支えてる単管の位置もバラバラ!

単管で単管を支えるために追加でいろんな補強がされててしかも継ぎ手が全て錆びててナットが動かない!補強は取除き

高さはグラインダーは恐いのでセーバーソーの刃を鉄用に変えて全部切りそろえました。ナットはネットですごいのを発見!KUREの凍結浸透ルブ!固着したボルトナットを凍結して収縮させ潤滑油をすばやく浸透させる優れものです!


そして最後に強力な助っ人登場!!!

キャンプ場開設のお祝いになんと北海道からきてくれた妻のご両親。この日は土曜でお客様が満室の予定だったのでバックヤードが丸見えになるのはちょっとカッコ悪いので仕上げたかったんですが、わざわざ北海道から来てくれたので温泉や観光にと思ってました。

そしたら朝早くから「手伝うぞ!」と。親父さんは林業・農業のプロです!おふくろさんも農業のプロ!仕事が早い!足腰の鍛え方が違う!!!二人の息もピッタリあってて、なんと午前中にほぼ張り終えてしまいました!

すごい!!結局、温泉も観光も一切なしで働き詰めでした。本当に感謝です!

立派なフェンスに仕上がったのも嬉しいですが、これからこのフェンスをみるたびに親父さんとおふくろさんと妻で一緒に作ったなあ・・・と思い起こすことができるのもすごく嬉しい!

本当に掛け替えのない思い出になりました。

やって良かった!次も頑張るぞ~!


                          

74回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示