top of page

大雨の傷跡、体の力が1㎜も残ってない・・・


前日の大雨でキャンプ場近辺の側溝が詰まってしまってこんな状態に。400m掃除しました。やった人ならすごいしんどいの、わかると思う。











こんな感じでいたるところにダムができていて水が道路にあふれ流れてきた木の枝、落葉、石が道路を覆っていく。通れないわけじゃないけど、十分すれ違える道が車1台しか通れない幅に。

このダムを延々と掘り起こす。









水を含んで重い状態の今か、天気がよくなって乾いて軽くなるけど締まって硬くなる日か迷ったけど先に体が動いてた。











このくらいの倒木は引きずって道路脇にポイ。












こんなかわいいのが作業中に見つかって癒やされる

殺さないようにスコップで慎重にすくって沢に戻して











もう今日はここまででやめよう・・・ってやっぱり途中じゃくやしいし、もう少しもう少し・・・

大袈裟だと思うかもしれないけど、マジぶっ倒れるかと思った。










誰も見てないなか、一人で黙々と。少しは綺麗になったかな。車はすれ違えるようになったし、道路脇は危険じゃなくなったからいいか。

この前、落葉でスリップして側溝に軽トラ落とした人いてハイジャッキで救出したけど、ほんと雨上がりは案外危ないです。







ちなみにこの前、みんなが来て手伝ってくれた最難関だった側溝。ここだけ何事もなかったかのように水がきれいにはけてました。すごく綺麗!改めて感謝です。










達成感というより、なあんも考えてない。無な感じでキャンプ場に戻ると待っていたように晴れ晴れとした空が。・・・ああ、ここに住んでよかった!











体の力は1㎜も残ってなかったけど、高台のベンチでボーッと駿河湾の晴れ渡っていく様子をずっと見てた。こういうのを積み重ねていくんだなあ。人生って。










雨の間ずっと家の中にいたこの子もやっと日向ぼっこに出られてお出迎えしてくれた。

すごくしんどかったけど、作業中通りかかって励ましてくれた近所の人や、沢ガニや、前に手伝ってくれた仲間や、晴れ渡った空や海や、白猫MITIAや、やり終えたことを褒めてくれた妻、いろんなことに感謝したとてもいい一日でした。

閲覧数:35回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page