検索
  • CampFantasea管理者

田舎の医療事情


どんなに気をつけていても病気になる時はなるしケガもします。そして治す。

キャンプ場のまわりには車で10分のところに診療所があり、キャンプ中にケガや急な発熱等のお客様がいらっしゃった場合は対応してくれます。夜間は下田か松崎に総合病院があります。・・・が、あくまでも応急対応。何かあった後のきちんとした処理はご帰宅後です。そして・・・

住んでいる私たちにとっての医療は・・正直言って不便です。都会の街中で暮らすよりは。今回も眼科で手当してもらうのに車で2時間の場所まで。翌日に経過をみてもらうために泊まりで行きます。とにかく専門医とか、手術とかは住んでいるところでは医療を受けられないというのが現実です。これからどんどんこういう場所が増えていくんじゃないのかな。5Gで遠隔診療はすすみ、AI、ビックデータ、ロボット等で遠隔治療が可能になる時代がくると思いますが、今、田舎の病院はコロナでなくても逼迫していると思います。教育と医療を十分に受けられる世の中を、これだけ豊かになっても実現できないのはなぜ?それとも昔に比べると遙かによくなっている現状はもう十分なのか。(んなこと言ってるヒマがあったらタバコやめろ!と聞こえてくるのは気のせい?)

閲覧数:83回0件のコメント

最新記事

すべて表示