top of page

美しいものと美しくないモノ


金曜日からずっと雨続きだったのが今朝、やっと晴れました。週末連泊のお客様にはなんだか申し訳ない気持ちになります。そしてそんな時にいつも救われるのがお客さんの子供たち。

小雨のキャンプ場で傘をさして元気に遊んでるから、「雨、だいじょうぶ?」って聞くと

「買ってもらった!」と新品の長靴がうれしくて水たまりを選んで歩いてた。ほんと~にありがとう!って思う。濡れながら一生懸命タープを張ってるお父さんお母さんを手伝ってる子供たち。もう感激です。


そして南伊豆は2回目の桜満開!川沿いに植えられたそめいよしのと、山々の山桜がいっせいに咲きました!










キャンプ場の「あしたば」サイトの横の桜も満開です!うぐいすも元気に歌ってます!












雨続きだったときは一応、チェックも兼ねてキャンプ場周辺を見回ります。そして・・・。

キャンプ場への道の脇に捨てられたゴミ・・・。

ほんとうに悲しくなります。空き缶、ペットボトル、コンビニ袋に入れられたゴミ、お菓子の袋、今日はバッテリーまでありました。

なぜ?どうして?この豊かな森を見ながら、綺麗な桜の咲いている山々を見ながら、どうしてこんなことができるんだろう。









こんな看板がたつほどヒドイということです。どうせ捕まらないし、人のいないところだし・・。

懲役にいかなくても罰金払わなくてもいいから、掃除しにきて欲しい。それかゴミを捨てる人は来ないで欲しい。集落ではクリーン作戦という活動があって、お年寄りもみんな集まって一生懸命きれいにしています。汚くても危険でも頑張って。缶もペットボトルもいつか自然に返ることは決してなくて、誰かが掃除しているんです。キャンプ場ではゴミをすべて回収してます。ほんとうにお願いします。ゴミを捨てないで!

閲覧数:50回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentários


bottom of page